子ども達のモチベーションを育て引きだす進学塾

オリジナルメソッド

実践原則

あきらめない子に育てる!!

☆一人ひとりに未来に対するハッキリとした目標をもたせる。
→「成敗は決断にあり」
→「断じて行えば鬼神もこれを避く」
決断して、くよくよためらわず、勇敢に行えば恐ろしい鬼神でさえも道をよけて通らせる。強い決意と勇気で事に当たれば、どんなこともできるということ。
☆高校進学・大学進学・就職に向けて準備する。
→英語力の強化。中小企業でも、外国との取引が行われ英語力が求められる。
→算数・数学の先取り授業。
→漢字検定の先取り。国語の基本は語彙力。語彙からくる日本人の常識を身につける。
☆個人の闘いにしない。とことん付き合う。
→自習室(無料)。集中授業あり。
→過去問題の活用。
→集団授業ですが、1グループ6人までの個別対応。
☆基礎力の徹底
→できるところからどんどんやってもらう。
→長時間勉強できる集中力をつけていく。

日米英数学院のシステム

☆予習を中心に勉強していく。
力と努力があれば学年を越えて予習してもらう。そして学校の授業に集中させて授業を牽引でき、分からない子に教えてあげられるような子に育てて行く。しかし入試にでない範囲まで予習することはしない。中学生で培った学力が高校でも力を発揮する。英検準2級は中3の6月までに取得。
☆復習も数検やV模試等を利用し、目標を持って挑戦する!
消化不良を起こすと先が続かない。無理をかけない。
☆小6英語・小6算数は中学生の範囲を勉強し、過去問題を使って丁寧に達成させていく。
☆長期休みに、英検・漢検・数検に挑戦!
テストに強くなる。勉強の意欲を引き出す。
☆歴史書に触れる。
みんな弱い自分と闘って輝いている。一人ひとりの志につなぎ、作文力をアップ。
☆再テストの呼び出し。
塾で残って最後まで取り組む。
☆自分たちが決めるクラス設定。
長期休みに、授業の先取り実施!特に中学生になると、部活動が入り、定期テストや実力テストに追われるため。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6848-7711

PAGETOP
Copyright © 日米英数学院 All Rights Reserved.