子ども達のモチベーションを育て引きだす進学塾

ドリカム講座

  • HOME »
  • ドリカム講座

ドリ・カム(Dreams come true.)講座の概要

長期の学校の休みの前に、中学生や高校生に実施する講座です。テストが終わって、ひと段落。「休みだ!遊ぶぞ!!」とテストから解放された思いに流されていく時に

「ちょっと待った!!何のために私たちは勉強するのか?もう一度、自分の夢について考えてみよう!!」と行う講座です。

 

コーチングとサポート

バージョンⅠとⅡのテキストを使って、「自分がどんな仕事に就きたいと願っているのか??」を考えてゆきます。

その後「ではその具体的な仕事に就くために、どうすればいいのか」「今の現状はどうだろうか?」と自分の振り返りをし、

「何ができるか?」「お母さんや周りの人たちは何をしたらいいと言っているのか?」と具体的なアクションに結んでいきます。

そして最後に「自分は、自分の夢を果たすためにどこまで来ているのか??」

第1段階・・・スタートラインに立っている。

第2段階・・・「頑張ったけど思うように進まない」とあきらめかけている。

第3段階・・・あきらめたくないからもう一歩挑戦している。

第4段階・・・「もうすぐそこまで来ているけど、今が一番苦しい。」

どの段階からも、リスタート(再挑戦)!!

⇒ その取り組みが、高校受験の時の「アドミッション・ポリシー」を書く時に、大学受験の志望動機を書く時に役立ち、自分の夢を語れる頼もしい存在に変わってゆきます。

 

子ども達の変化

AP004

講座を実施すると「早く仕事をして稼ぎたい~~」「どんな仕事に就こうか、迷う~~」「今は言えないけど、自分の夢は決まってる~~。」

「やっぱり自分がうすうす考えていた方向に進みたかったんだ!」と将来の夢を見つけていきます。

そのことが高校に入ってからの、勉強に対するモチベーションとなり、[遊びすぎてどうにもならない]ということを防ぎ、確実な結果を出してくれています。

その結果「勉強したくないけど、頑張らないといけない。」と言い出し、塾生たちが勉強に対する確かな必然を抱いて勉強しています。

 

子ども達の感想文

中学1年生の夏

2016

一人ひとりの感想

●勉強不足を感じた。もっとやりたい仕事を詳しく調べて、どうすれば将来の夢に近づけるか考えようと思った。大学のレベルを下げることを考えず、上を目指したいと思う。(高2 AM)

●自分は将来、人を守る仕事につきたい。そのためには公務員になり、武器を使える免許や車の免許、そして体力、気力、語学力。いろいろなものが必要だ。それらを習得するためにはどうしたらいいのか。その答えがいまの勉強にあることがわかった。
きらいな数学が冷静な考えをくれるし、きらいな国語や社会、英語が語学力につながる。今やっているささいな事が大きな可能性を秘めていることに気づかされた。(中2 TS)

●大切なことだと分かっているのにやる気がおこらなかったりして、出来ないのはどうしてなのかなぁと思っていた。自分がどんな仕事をしたいかは分からなかったけど、人の役に立てる仕事につけたらいいなと思った。たくさんの知識がほしいと思った。自分は人を助けたり、手伝ったりしたいと思っている気持ちが大きいと思った。(中2 MA)

●この本で、自分が本当にどんなことをしたいかが見えてきた。でもそのためには、いろんなことが必要だと思うが、それらのほとんどを僕は持っていないような気がするから、もっと勉強していかないとだめだと思う。またこの本を読んでいて僕の周りではいろんな人のいろんな願いによって支えられていて、今の暮らしができているんだと思った。僕は、何かをつくりながら、人の役に立ちたいんだと初めてわかった。だからそれができるようにもっと勉強していく。問題を解決するには、その解決したいという願いを持っている人が、1人ではなく、たくさん必要となり、その人達が、集まって、問題を解決していってくれてるんじゃないかと思った。(中2 TK)

●正直、何がしたいのかわかんなかったし、答えていったらマジでこれになりたいの?ってなった。どっちかというと嫌いな職業でびっくりした。
何がしたいのかよくわからないけど、自分はこういうことがしたかったのかと思った。あまりピンとこないけど、今からもっといろんな職業を知りたい。(中2 YY)

●勉強というのは自分の夢だけではなくて、他の人の夢もかなえてくれる、すごいものなん
だなと思った。困っている人を助けたり、元気にしてあげたり、治したりしていける職業に就けるよう、毎日コツコツ勉強していきたいと思う。(中1 YA)

●勉強をすることによって、未来の選択肢を増やすことができるなら、これから勉強を頑張りたいと思った。今日たてた目標が達成できるように、これからは精一杯努力をして、少しでも早くゴールにたどり着くことができたらいいな~と思う。(中1 HR)

●最初は勉強しても将来役に立つかわからなかったけど、今日の講座を受講して、問題を解決したり、人を喜ばせたり、楽しませたり、元気にしたりすることができると感じた。また、もし困っている人がいたら、声をかけて助けてあげないといけないとも思いました。
まだ、戦争している国もあって、勉強をやりたくてもできないという人達がたくさんいるので、いつか世界が平和になってほしいと思いました。(中1 HY)

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6848-7711

PAGETOP
Copyright © 日米英数学院 All Rights Reserved.